専門職の求人は中退でも研修を受ければ採用?

ITバブルの時期には、よくプログラマーやシステムエンジニア、ネットワーク系のお仕事が1、2ヶ月の研修期間付きで求人が募集されていました。現在でも募集はされていますが、ITバブルだった時期に比べるとかなり求人の数は減っています。専門的な知識を必要とするお仕事でもこういった1、2ヶ月の研修をクリアすることで採用されることがあります。

大学を中退している人は、専門職に就くことは難しいですが、こういった研修を受けることで採用されることがあります。大学を中退している人といっても、ほとんど勉強をせず最初の1年で退学した人から、4年間在籍してある程度までは勉強をしたけど、経済的な理由で退学してしまった人まで様々です。両者ではかなり知識の差がありそうですが、どちらにしても経歴上は大学中退もしくは高卒という扱いになってしまいます。大学を中退していても、大学在籍中の経験などを考慮している企業もありますが、それは企業や担当者によって様々ですし、現在は大卒の人でも就職が厳しいことを考えると、やはり大学中退では希望の職種への就職は難しくなると思われます。

ハローワークでも、職業訓練を給付金をもらいながら受けられる制度はあります。しかし、職業訓練でもらえる給付金は、失業給付でもらえる金額もしくは10万円です。それに対して、プログラマーなどの求人の研修でもらえるお金は会社にもよりますが、16万円~22万円程度と、研修中でもかなりのお金がもらえます。さらに、研修期間が終了して採用されたら、本来の給料に加えてボーナスまで出るところもあります。もしも希望の職業で研修付きの求人が出されていたら、積極的に応募してみるとよさそうです。