求人は偏差値のようなポイントを入力で検索できる

偏差値といえば、大学や高校受験などで各教科の科目の習熟度を示す数値として使われます。
その数値が高いほど平均的な得点よりかい離しているので、その教科は得意であると評価されるもので、客観化できるデータであるがゆえに受験する学校の合格率を高めるためにどの学校を受験しようかと思案する材料になります。
ところがいざ学校を卒業して社会に出て働こうとしてもいままでは偏差値という指針の基づいて行動できましたが、求人には労働条件や必要スキルは買いてあっても偏差値に値するような客観的な指針は示されていません。
つまり就職する際の求人への応募は、大学受験などと違ってデジタル的でかつ客観的な指数で検討するのではなく、アナログ的で自分の労働スキルはこの程度であると主観的な判断で行うものになっています。
これでは求人の応募へのプロセスが曖昧で、ギャンブルのように不安定かつ不確実なもので就職活動が徒労に終わる可能性が高いです。
しかし最近ではネットなどで質問形式でスキルや資格を入力させて、その入力されたデータに基づいて偏差値のような労働スキルのレーティングを行ってそのデータを入力した求職者に対してレーティングに応じた求人をピックアップしてくれるものもあります。
自分の労働スキルを客観的に見ることができるので、応募が適正なものかどうかの判断もつくので無駄な求職活動が減ります。
無駄な就職活動は長引けば長引くほどモチベーションが落ちってきて就職できない悪循環になります。
またこの求人検索システムは、レーティングにより自分の足らない労働スキルが明確になるメリットもあり、その部分を埋めるために資格取得や職業訓練を想定できるのでより回り道をしない就職活動が可能となるところも素晴らしいところです。